漆喰に

蔵の壁は、漆喰と木の部分がほとんどですが、今回、2階のベッドを作り付けるにあたって、

木の部分を漆喰の壁に作り替えたりしています。

というのも古い建物なので、風が強い日に、すきま風や土壁の土が入り込んでくるのを

防げていなかったので、その対策のためです。





少し紹介すると、蔵という建物の構造のため、全体的に窓が少ないです。

そこで、蔵を削って南側の壁を作り直したときに、

2階の壁の柱のほぞ穴にガラスをはめ込んで、

光が感じられるようにしてあります。




こちらは1階の2段ベッドの部屋です。


Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square