春に向かって

March 5, 2018

 

カレンダーの3月3日には間に合いませんでしたが、旧暦の桃の節句に向けて、

我が家にも雛人形が飾られました。

かねがね、ののが、「早く飾って~!」と訴えていたのですが、蔵の中から出してこないといけなかったので、内心、ちょっとめんどくさく、お内裏様だけにしようと思っていたところ、

ユージンが、自分がやるから7段全部飾りたいと言い出し、結局、蔵の中から運び出し、台を組み立て、飾り付けを終えるまで、ほとんど全部ひとりでやってくれました。

 

なので、何年かぶりに日の目を見れた雛飾りたち。

何だか以前よりきらきらして見えます。

この7段の飾りは、私の姉が子どもだった頃のものですが、

もうひとつ、私のものとして、お内裏様だけのものがあります。

ユージンが蔵の中にあった雛飾りの箱を全て運び出していたので、

この際、今年は両方飾ってみることにしました。

横に飾ってある三つ目の雛人形は、ののが保育園で作ったものです。

 

 

今年は、ユージンのおかげで、お雛様たちを外に出してあげれて本当に良かった!

 

 

 

ではでは、続きまして、2月の終わり頃の建築部からの報告です。

*********************************************

 

 

 

 

 

 

 

 ユージンのミニ四駆作りに付添で同行し
三瓶の青少年の家で一泊二日したので
当然、その間作業はストップしたけれど
戻って、作業再開して道路側の正面部分を仕上げた。

 

極力、買うのではなく解体される建物などから
貰って寄せ集めた材料でやるので
どうしてもパッチワーク模様になるね。
ただ、どの材料をどこにどう使うかとか結構

頭をそれなりに捻ったりしてますけれどもね。
 

画像の右下の四角い白い壁は去年削った
蔵の二階の窓の雨戸?といって良いのか板枠に
土が分厚く塗られ漆喰で仕上げられているもので

壊してしまうのが勿体なく捨て切れずにいたもの。
 

窓と入り口の戸は馬路の今は壊されて跡形も無い
古い中学校から外して持ち帰っていたもので

左のものはお向かいの明治よりも前の建物が
解かれる時に頂いて帰った押入れの戸だったりする。

 

 

 

そして、屋根の下に打ちつけた板は

近くの工務店から薪用に頂いた中で壁材だった

ものを壁材とした。

入口の戸にした戸には、中学校が幼稚園として
使われた頃に貼られたであろうシールが

可愛いので、剥がさないことにしたら、

ひらがなを覚えつつあるののが見つけて

嬉しそうに声に出して読むので

お願いしますよと声を掛けたら
後退りしながら逃げて行くのであった。
ところで裏庭の梅がほころんで

咲きはじめているのを発見!

 

 

 

 

 

 

 

 

*********************************************

 

梅の木は、この暖かさで満開になりました。

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
連絡先

0854-88-4878

080-4261-6178

kazu-312@s5.dion.ne.jp

FOLLOW US
  • Facebook Grunge
  • Twitter Grunge
  • Instagram Grunge
住所

〈琴ヶ浜店〉

島根県大田市

仁摩町馬路 

琴ヶ浜海岸駐車場側

〈宅野店〉

大田市仁摩町宅野254

営業時間

〈琴ヶ浜店〉

4~10月の木~日・(祝)

11:00~夕暮れ頃

 

〈宅野店〉

準備中

© 2015 by チーナカ豆